フライトモード

クリエイティブは、そこそこ、誰でもできる。系ブログ

iPad pro 2017+Apple pencilでお絵描き

f:id:s3zue:20170625082603j:image

iPad pro12.9を買って一番してみたかったコト…それは恥ずかしながら、ゴロ寝イラストです。 ベッドに倒れてから眠るまでの1時間弱を何とか楽しく使いたい…というのがその理由。読書は通勤時間にKindleで読めるので、この時間はちょっとしたアイデア出しにあてたいですし、素材やラフも作れれば最高です。

f:id:s3zue:20170625093009j:image

ちなみにこの落書きは、初めてのゴロ寝イラスト😅初心者が慣れないアプリで2時間もかかってしまいました。最初はprocreateを使おうかと思いましたが、線描きのイラストだとやはりadobe illustrator draw の方がブラシが洗練されているので、そちらを使いました。今度はprocreateを使ってみたいです。

f:id:s3zue:20170625093800j:image

 

<描いてみた感想>

・やはり肩は痛い😅でも許容範囲

・アプリは直感的に使えるけれど、習熟が必要

・12.9インチは大きい!でも描いてるうちにどんどん端まで進んでいけるので使いやすい

・まだapple pencilに慣れておらず、十分筆圧や傾きセンサーを使えていないけれど、使いこなせれば表現の幅が広がりそうです

・大きいわりには軽いので、いろんなゴロ寝姿勢を楽しめます😎

 

2017 iPad pro 12.9がやってきた

iPadminiがそろそろ元気が無くなってきたので、思い切ってiPad proの12.9インチを買いました。

f:id:s3zue:20170623224624j:image

まだ発売されたばかりとあって、秋葉原のヨドバシでもどのモデル・色も取り寄せ状態。どうせなら…とAppleStoreで512GBを注文しました。それでも1週間待ちでやっと届いたiPad proです。

 

f:id:s3zue:20170623225237j:image  f:id:s3zue:20170623225748j:image

Apple製品は相変わらず美しい…。12.9インチは大きいんじゃないかととても心配しましたが、持ってもそこまでは重くありません。Macbook Airの13インチに比べれば随分軽いです。大きさも同じくらいに感じます。通勤には超軽くて丈夫なKindle があるので、iPad proは自宅で使うつもりです😊

 

一緒に買ったApplePencilで落書きしてみると、デジタルかアナログか分からないような書き味に隔世の感を禁じ得ません。

今までよりデザイン素材が簡単に作れそうで、とてもワクワクしています。

【Kindle】知識欲を満たせるガジェット

Kindleが来てから少し生活が変わったなぁと感じています。

私はガジェット好きで、今はiPadProが欲しい病に罹患しています。

 

それぞれの用途としては、以下のとおり。

●MacPro→3DCG、映像制作

●MacbookAir→2Dデザイン、Office系ソフト、学会用研究データ処理

●iPadmini→プレゼン、制作した映像再生用(自慢用)

●AppleWatch→仕事中のメール.LINEの通知、運動管理

iPhone→まさに依存症!

Windows(ペンタブ)→デザイン素材用お絵描き、Windows専用ソフト(リーマン活動用)

 ●Kindle paperwhite→読書

 

活用頻度は、iPhone>AppleWatch>Kindle>MacPro>MacbookAir>iPadmini>Windows...という感じ。

やはり会社勤めだと気軽に持ち歩ける端末の使用頻度は半端なく高いです。その中でも、モヤシなリーマンでも常に持ち歩けるKindleは抜群に便利です😊

 

Kindleは安価であまり期待もせずに衝動買いしましたが、Kindleのおかげで生活が一変。まだ購入して2ヶ月ですが、既に20冊以上は読みました。通勤時間、お昼休みの空き時間、寝る前の少しの時間…そんな細切れの時間で哲学からエッセイまで多種多様な本を、コンディションに合わせ並行してズンズン読んでいきます。読み終えると無性に寂しくなり、また次の本を探します。このサイクルで知識欲は満たされ良い感じです。ガジェットとしての魅力はありませんが、ただただ、本当に便利です。

 f:id:s3zue:20170613214601j:image

<まとめ>

・バックライトが極限まで暗くできる

    →眠りにつくまで読んでいられる

・ハイライト(下線)が引ける

    →心に残った文章を何度でも振り返られる

・いつでもどこでも読める!

    →読みたい本を片っ端から大量に読める