フライトモード

クリエイティブは、そこそこ、誰でもできる。系ブログ

珪藻土のドライングボード&バスマット「Soil」を使ってみた

超個人的な感想なのですが、食器を洗った後の水切りカゴが不衛生な気がして好きではありません。特にウチのような窓もないキッチンだと通気性も悪く、乾燥にも時間がかかってしまいがちです。

そこで以前から欲しかった珪藻土のドライングボードを手に入れました。商品はただの目が粗い石膏ボードみたいな印象。思ったより軽いです。

f:id:s3zue:20170819211945j:image

洗った食器を乗せてみると、すぐに水が染み込んで真ん中の溝の方に流れていきます。そのまま15分放置していると見事に乾いていました!(驚き)

f:id:s3zue:20170819211915j:image f:id:s3zue:20170819211916j:image

そして一緒に購入したバスマットも使ってみました。いつも使っているバスマットはすぐにビチャビチャになってしまい乾きも悪かったのですが、Soilは一度足を置いただけで水が吸い取られ、足がサラサラになるという不思議な感覚。

f:id:s3zue:20170819211926j:image f:id:s3zue:20170819211941j:image

寿命は2年程だそうですが、結構快適で良い買い物をしました。^_^

 

【学会発表ポスター】Macbook AirとThunderbolt Displayを繋いでみた

恒例となった学会のポスター作り、今年はポスター発表3題分の作業です。

作成には当然Adobe Illustratorを使うのですが、さすがに180cm×90cmの布ポスターの原稿は重くて、映像や3DCGソフトがメインのMac Proは動きが遅くなってしまいました。そこで、グラフィックデザイン&OfficeソフトがメインのMacbook Air(Early 2015)で作業を続けることに…。

さすがに13インチの画面では見辛いので、Thunderbolt Displayに繋ぐことにしました。何か新たにケーブルが必要かと思って調べたら、Thunderbolt Display付属のケーブルと変換プラグ(充電用)が利用できました。

f:id:s3zue:20170819205630j:image

今年のポスターのデザインテーマはデータビジュアライゼーション。様々な統計データを可視化することでアイキャッチとしています。詳細は学会が終了したら、記事にしたいと思います。

【新しいもの好き】Daison V8 Animal Proで謎粉に驚愕

私は生活家電には全く興味がない人間ですが、3年前に買った掃除機が壊れたので代替品を購入しました。

前に使っていたものは、洗濯機とセットになっていた聞いたことないメーカーのスティック掃除機。目に見えるゴミはかろうじて無くなりますが、それだけの代物で、後で水拭き(クイックル)するし、単身者用の賃貸だからいっか〜という感じでした。

そんな雑な人間が、ダイソンのコードレス掃除機を購入したのは「有名メーカーだから、きっと性能が良いんだろう」という程度の気持ちでした。でも、ダイソンのV8はこのカテゴリーの商品でも、さすがに高価な部類です。家に例えると、4畳半の築50年のアパートから23区内の新築1LDKに引っ越しするくらいの落差です。

いきなりV8を買う勢い(笑)があるからには、普段から「安物掃除機で使い勝手が悪いストレス」や「仕事で家にいないにもかかわらず、なぜか溜まっていくホコリの山を何とかしたいストレス」を感じていたに違いありません。

 

そんなわけでフローリングばかりの家なのにV8アニマルプロを購入。いつか猫を飼いたいのと、ネットで調べるとフローリングでもダイレクトドライブクリーナーヘッド(絨毯メイン)とやらが、それなりに使えるようなので、アニマルプロにしました。

今までスプリングマットレスやYogibo Max(大型ビーズクッション)を掃除することができなかったので、さっそく付属のミニモーターヘッドで掃除しました。

 f:id:s3zue:20170819171054j:image f:id:s3zue:20170819171102j:image

すると、今まで見たこともない線香の粉のようなものが!

これはダイソンユーザーの間で有名な「謎粉」呼ばれるハウスダストで、剥がれた皮膚やダニの死骸・フン、花粉等なんだそうです。

 f:id:s3zue:20170819171109j:image

なんというインパクト!!恐ろしくなって、エアコンや洗面所の換気口まで掃除してしまいました。築50年の4畳半アパート(安物掃除機)時代には知らなかったこの事実。莫大な研究費かけてる先進企業はやっぱり違うよな〜と感じた次第です。

 

www.dyson.co.jp